一覧に戻る

不眠症でさえ成功だ!

『人生に失敗はない』よく聞く言葉ですよね。

それってほんと?

実は本当なんです。人はだれでもある特定の結果を出すことに成功しているんです!

どーゆーこと?って思ってますか?

例えば『不眠症の人』は『寝ないことに成功している』って言えますよね。

そして、『寝ないことに成功する』ためのプログラムを持っているんです。

寝ないで仕事がしたいと思っているビジネスマンには、喉から手が出るほど欲しいスキルですよね?

だから、『不眠症』でさえも、失敗ではなく『成功』なんです。

もし、『最近、よく眠れない』という方がいたら、一度自分のプログラムを分析してください。

1.眠れないとき、自分はなにを考え、どう行動しているか?

2.すぐ眠れるとき、自分はなにを考え、どう行動しているのか?

眠れない人に多いプログラムにおおいといわれているのは、

1.寝ようと思う

2.考え事をする(明日の仕事どうしよう? 今日、あの子の気を悪くしたのではないかしら…など、言葉が早いスピードで回っていることが多い)

3.眠れない

逆に、すぐ眠れる人に多いプログラムは

1.寝ようと思う

2.布団の感覚を体で感じる(肌触りや、柔らかさなど)

3.布団の感覚を思う。(気持ちいいな~。暖かいな~。など)

4.寝る

どうですか?あなたのプログラムと比べてください。

もし、眠りたいなら、眠れる人のプログラム(行動や思考のパターン)をマネすることは、とても有効です。

だから眠れない時、考えごとをして、言葉が回っている人は、その頭に聞こえている声のスピードを意識て、ゆっくりにしてみましょう。そして、布団の感覚を感じてみてください。

そして、今日は徹夜をしなければ、仕事が間に合わないあなたは、眠れない人のプログラム(行動や思考のパターン)を参考にしてください!

人はだれでもある特定の結果を出すことに成功している伝わりましたか?

一覧に戻る