一覧に戻る

短所が長所になる。

あなたは、自分でイヤだなって思ってる部分ありますか?

実は、そこがあなたのチャームポント(死語!?)になります。

「何言ってんの?!」って思いました?でもこれはホントなんですよ~。

例えば、臆病な人っていわれるとなんがか気分がよくない。つまり短所に思えてしまう。

でも慎重な人っていわれたらどうです?

慎重さってビジネスにおいても、何か選択するときでも大切ですよね。つまり長所になります。

これって、視点が違うだけですよね?

だから視点を変えればあなたが、短所だと思っている所が長所になるんです。

伝わってます?

それを発展させてた素敵な言葉を見つけたのでご紹介します。

「幸福人とは過去の自分の生涯から満足だけを記憶している人々のことであり、不幸人とは、その反対を記憶している人々である」

(詩人:萩原朔太郎)

ね、視点を変えると不幸は幸福になりますよね?

もし、あなたに、厄介な仕事ばかり大量に押しつけてくる上司がいたらあなたは幸せです。

なぜなら、あなたは、確実に仕事の処理能力と実力がつくからです。

逆に、その上司は不幸です。本人は『楽をしてラッキー』と思っているかもしれませんが、その人はそれ以上実力がつくことも、成長することもないからです。自分から不幸を買って出ているのです。

ね、視点を変えると幸せが探しやすくなりますよね?

p.s

あなたの目に映るすべてのものが、あなたを幸せにしますように。

ブログランキングに参加はじめました!あなたのクリックをお待ちしてます!

一覧に戻る