一覧に戻る

色で長生きできる!?

毎日を気分良く、元気に暮らす為に、あなたはどんな工夫をしていすか?

風邪気味のときは、身体の芯からあったまるような、グツグツと煮え鍋焼きうどんをたべたり、肌荒れがきになれば、ビタミンCたっぷりのみかんを食べたりと食事に気を使われているかたも多いのではないでしょうか。

また、愛犬と一緒に緑の多い公園を散歩する方。

部屋にやわらかないい香りが広がる、きれいな花を飾ったり、カーテンやクッションのカラーを季節ごとに変えて、模様替えをすることで、気分転換されている人もいますよね?

女性の場合は、気分転換にいつもとは違うカラーの洋服を買ってみたりと、気分良く、元気に暮らす方法は人それぞれいろいろあると思います。

このなかの共通点ってわかりますか?

それは…

今日のランキングを確認するにはここをクリック!


感のいいあなたはもうおわかりですよね。

そう、色彩・カラーです。

昔、栄養成分の解明が進んでないときは、私たちはいろいろな色を食べることで健康を保っていましたし、古代エジプトでは色を病気の治療に役立てていたりしたんですよ!

そう、今でも衣食住のどんなシーンでも色彩が登場します。

人間は70%以上視覚からの情報に頼っていますから、色彩が印象を左右するし、心理的影響も多きのは当然かもしれませんね。

では、色彩に人を癒したり、健康にする効果があるなら、毎日、キャンバスにむかって色を塗る画家たちは、めちゃめちゃ健康なのでは?

と思った鋭いあなた!

そーなんです。実は、平均すると一般の人より、画家の平均寿命の方が5歳位長いと言われています。

スペインの3大巨匠ピカソ・ミロ・ダリは全員92歳、シャガール98歳、苦悩することが多かったいわれるムンクでさえ、81歳の長寿です。

20世紀を通して、平均寿命が60歳半ばであることを思えば、あの当時でこの寿命はかなり長生きですよね?

とすると、いろんな色をバランス良く日常に取り入れることが健康で、長生きできる秘訣かもしれませんね。

わたしは、今度クリエイターズマーケットに参加するのですが、何と言っても作る人の祭典ですから、アーティストも多いし、カラフルな作品も多く出店されると思います。
いわば、長生きな人が集まっていて、長生きできるグッズがずらっと並んでいるってことです!

もちろん私の『ファイン・カラーブーズ』もカラフルなカラーボトルで、あなたの心に必要なカラーを探して、あなたの元気を応援します!

パーソナルカラーでは、一番似合うカラーを診断して、あなたの好印象を演出します!

自分に似合う色、心に必要な色のアクセサリーも一緒に買えちゃうのがさらにGOODです

よかたら、あなたも元気のもとを探しにクリエイターズマーケットに来て下さいね!!

クリエイターズマーケットの詳しい内容はこちらから

p.s
いつもあなたの元気を応援してます!

人気ブログランキングに挑戦中!応援クリックお願いします!!

一覧に戻る