一覧に戻る

「あなたの1番の欠点は、実は1番の強み。」

「あなたの1番の欠点は、実は1番の強み。」

欠点が長所になるお話は良くしてきましたが、本当に「自分の欠点はを強みだと思えるカンタンな方法。」があります。

それは普段自分が話してるネガティブな言葉をポジティブに置き換えてみることです。

例えば

「心配性⇒どんな事態も想定して万全にそなえることができる」

「無鉄砲⇒チャレンジ精神旺盛で行動が早い」

「マイペース⇒いろんなものに興味を持って、1人でもその世界に飛び込んでいける」

「おせっかい⇒世話好きで困っている人を見かけると放っておけない性格」

ものはいいようです。あなたの言葉をポジティブに変えるとあなたの視点も変わります。

そう

「あなたの1番の欠点は、実は1番の強み。」になるんです。

ある人はスチュワーデス受験のとき、

「身長が低い⇒そのコンプレックスの反動で周囲の人から姿勢が良いと言われる」

「落とされる要因がたくさんあり過ぎ⇒その分、人の何倍も努力したことには自信がある」

と言って面接に望んでいたそうです。良い言葉の使い方されてますよね。

「あなたの1番の欠点は、実は1番の強み。」忘れないでください。

p.s

自信を失いかけたとき、このことを思い出してください。

人気ブログランキングに参加中。熱い応援クリックとお願いします!

人気ブロブランキング

一覧に戻る