一覧に戻る

焦点が変わると世界が変わる

ご無沙汰しております。riekoです。

最近、バタバタしていて、ブログが更新できていなくてすいません。

この前、自分の視点(焦点)がいかに、不確かなものなのかを発見しました!!

それは、レンタルビデオ屋さんでの出来事でした。

ここで、質問です。

レンタルビデオ屋の店員さんのイメージは?

私は、ずっと『学生とかフリーターの若いお兄さん』というイメージでした。

あなたはどうですか?

ところが、どっこいだったんです

お昼間にお店にいくと、パートの主婦の方と思われる女性が沢山働いておられました。

ここで、気がつきました。

今までの自分の生活パターンだと、仕事帰りにレンタルショップへ行ったり、休日に行く事が、おおかったので、『学生とかフリーターの若いお兄さん』が多かっただけなんだと。

そして、同じような生活リズムが何年も続くと、自然に『ビデオやの店員さん=(イコール)学生とかフリーターの若いお兄さん』だという自分の世界から見ただけの思い込みが生まれる

世界はもっと広いのに、自分の世界からだけ見ていると限られた視野でしかものごとを捉えられなくなってしまうものだと痛感した瞬間でした。

たまには、いつもと違う時間帯に、いつも行うことをやってみると視界が開けるかもしれませんね?

Photo by.空色地図

p.s

あなたがいつも見ている景色はどんな景色ですか?

一覧に戻る