一覧に戻る

エンターテイメントを目指す

ファイン、メンタルカラー研究所では、参加者の方に楽しく学んでいただくために、講座をエンターテイメントにすることに力を入れています。

そして、講師は、「芸人」を目指すことを、各講師陣にも伝えております。

そして、今回も、分かりやすい授業を目指すべく、

色の意味をマインドマップにまとめるという勉強会を行いました。

マインドマップは1970年代にトニーブザン氏に体系化された、ノートの取り方で、「考え」や「アイデア」を明確にでき、記憶にも残りやすく、理解しやすく、新しい発想がつぎつぎと浮かびやすい技法です。

私がマインドマップを教えていただいた伊藤賢さんのマページです。

http://mindmap.jp/000093.html

マインドマップについて、詳しく書かれています!

私は、ノートをずっとこのマインドマップ方式でとっています。

このお陰で、頭の中でバラバラになっていた知識が統計立てて、まとまっていくのと、記憶に残るようになりました。

そして、物事のつながりをどんな些細な事でも見つけて、広げて行く事ができるようになりました。

太古の人々が、言葉を持つ前、洞窟などに壁画として記したのは、「絵」でした。

解剖などの話しで、カラーセラピーにも登場する、ダビンチもまた、自分のノートには、スケッチした絵と言葉の両方を載せていました。

「絵」=視覚で表現する事は、私たちの脳にとっては、とてもナチュラルなことなんですよね。

ファインでは、そんな脳の仕組みを利用したものを、授業を講座の中でも、いろいろと組み入れています。

今回は、セラピスト自身にマインドマップでマ、自分の集めて来た切り抜きと色のキーワードをつながりを意識しながらまとめてもらいました。

色の意味をまとめてもらうことで、色の連想がスムーズにできるようになったり、不明瞭だったり、自分が無理矢理に結びつけていた意味があることにきづいたりと、セラピスト自身、とても気づきが多かった様子でした。

今後は、それぞれのセラピストがまとめたカラーの意味に関するマインドマップを講座でも、色の意味の連想に役立て頂くべく、披露できればと考えております。

最新のノウハウや、効果的なスキルがあれば、すぐに取り入れて、講座を常に改良、前進していくことで、お客様に楽しんでもらえる講座にしていければと思っております

p.s

今度、是非、そんなエンターテイメントの講座にきてくださいね!

センセーションカラーセラピスト養成講座 2日間集中コース

●アパレル関連-「色彩心理を知る事で、コーディネイトだけでなく、心理面にアプローチする接客トーク(お客様が自信がもてるようなカラーの提案)ができるようになりました!」と喜びの声を頂いています。

●「店内の配色や名刺の色などに、自分のお店の伝えたい想いをのせるために、カラーセラピーで学んだ色の意味を活かしています。」との声もいただきました!

●カラーセラピスト養成講座参加者の声

「知人のサロンで、時々カラーセラピーをさせていただいています。受けていただいた人に喜んでもらえたことなど、カラーセラピーを通して人の役に立てることが嬉しいです。」

参加者の喜びの声はこちらから!

http://fine-color.her.jp/voice/voice5.html

【日時】

8月15・16(土日)

平日個別レッスンコース有り(お気軽にお問い合わせください。)

【時間】10時00分~17時00分(2日間で計12時間)

【受講料】入学金1万円+受講料6万円+テキスト代3千円=合計7万3千円

センセーションカラーセラピー講座の詳しい内容はこちらから

一覧に戻る