一覧に戻る

芸人さんに言ってはいけないこととは?

今日の、テーマは『芸人さんに言ってはいけないこととは?』です。

なんだと思います?

これは、テレビでさんまさんがあるアイドルの発言に対して、おっしゃっていたのですが、

「面白い事いってよ~。って芸人に一番いったらあかんことやで。

それは、俳優さんにちょっと今、演技やってくださいよ~。

っていうのと同じ位、失礼なことやで。芸人は、笑いを商売としてやってるんだから。」

という内容でした。

確かに、確かにと思いました。

私も、デザイナー時代によくあったのですが、

「ちょっと、俺の名刺、タダでデザインしてよ!」

「ちょっと、知り合いの冊子のイラスト描いて。ボランティアで。」

というようなことを言われる事が多くありました。

これは、連日終電まで仕事をしてるデザイナー業=デザインやイラストを仕事し、それで生業を立てている人にとっては、大変失礼な発言だったりします。

これを他の職業にたとえるなら、

歯医者さんに『あなた、歯医者なの、私の虫歯タダで治してよ~。』とか

大工さんに『大工さんなんだ!ウチの家の瓦、ただで張り替えてよ。』というのと同じです。

相手が、お金をもらってやっている仕事をタダでやって欲しい、気軽にサービスして欲しいというのは、ちょっと厚かましい行為です。

そして、作家の中谷さんも言っていたのですが、

あなたが、値段が高いと思う商品やサービスは、あなたが、それを好きではないか、価値がわかっていないから、買わない方がよい。

といっています。

例えば、本が好きな人は、定価1500円の本があったとして、その作者が人生の多くの時間やお金をかけてまとめた知識を1500円で買えるのは、安いと思っています。

そう、本が好きだし、そこから得れる価値をわかっているのです。

でも、本が嫌いな人は定価1500円の本を高いと思っています。そして、そこからどのように知識を得て、自分の生活に活用できるのかという価値をわかっていません。

だったら、買わない方が得策です。

これを発展させると、「タダでもらいたい。」と思っているものは、あなたが、それを好きではないか、その価値をわかっていないものなのです。

だから、それを、仕事にしている人からもらおうとするのは、とても失礼になってしまうのです。

よく、コーチやカウンセラー仲間からの困り事として聞くのは、

「自分の悩み事を世間話とおなじように聞いてほしがる人が多い…。そして、こちらはプロだから、それ以上お話を聞く必要があるなら、有料になるというと、ムッとされる…。」

というモのです。

コーチンングやカウンセリングの訓練を受けている人は、他の人より、聞き上手です。

話していて、気持ちがすっきりしたり、前向きになったり、することも多いでしょう。

それは、それだけ、その人が、時間もお金もかけて訓練しているからこそ、できることです。

それをタダで得ようというのは、やはり厚かましい行為ではないでしょうか?

「タダでもらいたい。」と思っているものは、あなたが、それを好きではないか、その価値をわかっていないものなのですから…。

たぶん、一般的に職業として広くしられているものの場合は、そんなに失礼なことは、いわないとおもうのですが、特殊だったり、珍しい職業の時におこりがちなのかな?と芸人さんの話しをききながら思いました。

そして、相手に失礼がないように接しようとおもうと自分に想像力がなければいけませんよね?

例えば、自分の職業が事務だったら、

「事務員さんなんだ~。ちょっとただで、ウチの電話番してよ!」

といわれたらどんな気分でしょう?

経理担当者なら、

「経理できるんだ!じゃあ、私の会社の帳簿をボランティアで、計算してよ。」

といわれたらどうでしょう?

もちろん、お互いの関係性で、仲良しの場合、事情によりお手伝いできることをする場合もあるとおもいますがそのような場合は別として。

そう、いつも、自分に置き換えて、相手の立場を想像する能力=優しさではないかと私はいつも感じています。

「Photo by.空色地図」

p.s

あなたは、相手を思いやる想像力を持っていますか?

あなたの想像力を鍛えるファインのクリエイティブコーチング講座

クリエイティブコーチング初級コーチ資格取得講座

一覧に戻る