一覧に戻る

先生たちの熱意

月曜日に、三重県の養護教諭のみなさんに、カラーとコミュニケーションのお話をさせていただきました。

三重県の小・中・高の養護教諭の先生たちが各地域からご参加いただき、とても熱心に学んでいただけました。

現役の先生から、定年等で現役から引退された先生まで、本当に多くの方にお集りいただき、うれしかったです。

普段、保健室で生徒さんたちと関わる先生たちは本当にいつも子供たちのために、そして自らの自己研磨のために常に学び続けるのだと感動しました。

保健室って学校の中でも特別な空間ですよね?

私は、小学校時代、身体測定の際、保健室の先生に『はしか』を見つけてもらったことがあります。

熱もまだなくって、自分としては元気だったので、驚きましたが、すぐに病院にいって、ことなきをえました。

私の小学校のときは、視力検査とか予防注射とか、虫歯チェックとか外部のお医者さんが保健室にきて、そのような検査をしてくれていました。

だから、保健室=授業以外の行事がある楽しいところ という印象をもっています。

注射とかもいたいけど、消毒のにおいとか私結構すきだったから、楽しめたんですよね。

当時はそういう具合に何も考えず、通っていましたが、当時から先生たちはいろいろと勉強されていたんだと今になって感謝です。

そんな昔の記憶に気づき、感謝できる機会を与えてくれた、三重の先生たちに感謝!

あわせて今日の人気ランキングをチェック!

ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング

一覧に戻る