一覧に戻る

やる気はだすな!

やる気がど~してもでない時ありませんか?

そなんなとき、どうしてますか?

やる気がなんとか出ないだろうかと考えていませんか?

実はそれが落とし穴だったりします。

そもそも、なぜやる気がでないのでしょうか?

もちろん、ひとそれぞれの事情があると思います。

ちなみに、私の場合はこんな感じでした。

1.仕事量が多く、やらなくてはいけないことが、山積みになっている。

2.何をどうやって手をつけるべきか悩む。

3.一向にはかどらない。

4.焦りと不安を覚える。(やる気がでない)

5.繰り返し、花より男子のドラマを繰り返し見る

4.焦りと不安を覚える。(やる気がでない)

なんて感じでした。

こんな経験ありませんか?

実は、これ、通常の反応なんです。

まず、人は、フル回転で何かを成し遂げようとするとき、どうしても休み・遊びの部分を持ちたがります。

フルすぎれば、フルすぎるほど。

自然発生的に…。

そして、

人は問題(危機的状況)に陥ると不安になります。

あなたは、不安を望ましくない感情だって思ってます?

ところが、どっこい、不安って、私たちが生きるために大切なんです。

なぜなら…

続きをよむ 

その前にランキング情報をチェック 
それは、原始の昔から私たちは、不安をいだくことによって、生き延びてきたのです。

私たちは

危機的状況 → 不安 → Fly or fight (戦うか逃げるか)

というプログラムによって、大昔なら、出くわした野獣と戦うか逃げるか決めた訳です。

つまり、
不安を感じるからこそ、戦うor逃げるの準備を身体全体で始めることによって、生存競争に勝ち抜いてきたのです。

だから、不安って大切なんです!

そして、さっきの私の不安と焦りはあるものの、やる気がでないのは、

脳が逃げるを選んじゃってるんです。

だから、ここで、

『やる気がでない。わたしって、ダメ人間なのかしら?』

とか、

『どうやったら、やる気がでるのかしら…』

とか、

悩むとダメなんです!!!!!!!!

つまり、『やる気はだすな。』

ってことです。

じゃー、どーすんの?って思ってます?

はい、

やる気はださずに、何でもいいから、行動する。

ポイントは、やる気出そうとしちゃダメだってことです。

機械的に、動作的、考えずに、ちょっぴり動いてくれればいいのです。

しかも、仕事全部だなんていわない。

いらない書類を捨てる。机を拭く、そんな小さな行動でOK!

くれぐれも、心こめないで、やる気ださないでくださいね。


そして、その小さな行動、じっとフリーズして動かなかった今までと違う、ちょっとした動き(例外)を沢山積み重ねていくうちに、徐々にやる気が湧いてきます。

そう、考えないでできる機械的な行動(できれば、関係のないことではなく、仕事を片付けるっていう、目的にたっするような小さな一歩)をとる。

まちがっても、先に、やる気だそうとしちゃダメ。

すると、その行動にともなって、徐々にやる気がでてきます。

機関車が動き出すように、最初はゆっくりとスタートは馬力がいります。

それは、人間も同じ。

あとは、自然と勢いがつきます。

まずはフリーズしているあなたを動かすことが大切なんです。

p.s
頑張り屋の君だから、やる気がでないこともある。
だから、そんなときは、やる気をだそうとしないでね。

つづけて ランキング情報をチェック 

一覧に戻る