一覧に戻る

旅立ち

あなたのはどんな旅をしていますか?

昨日、北風と太陽の物語の続きを考えみてくださいと、みなさんにといかけました。

あなたはどんな物語の続きを思い描きましたが?

じつは、このように簡単な物語の続きをイメージするとき、そこには何かが投影されています。

それはなんだかわかりますか?

それは…
ほかでもない、あなた自身です。

あなたはその物語のなかで、旅人にどんな旅をさせたのでしょう。どんな気持ちを想像したのでしょう。
そのイメージそのまま、あなた自身であることに気がついていたでしょうか?

私も、言われるまでまったく気がついていませんでした。
私のイメージの中では、旅人は、『北風が吹いたり、太陽に照らされたり、寒かったり、暑かったり、なんだかわけわからん天気』と思っていました。そして、その旅人は山道を一歩ずつ登り、頂上についたところで物語が終わりました。

これは、ほかでもありません。私自身です。目標や、なりたい自分、手に入れたい境地に向かって今まさに山を登り、頂上を目指しているんだと思います。
そして、このストーリーさながらに、いろんなことに遭遇しながら、なんだか分からないうちに目的地にたどり着くことになるのかもしれません。

実は、今日は私が1年近く勉強してきた心理学の講座の修了式でした。

私の愛する山崎先生と、マスターコースの素晴らしいメンバーとこの日を迎えることができたのは本当に嬉しい、感謝につきない1日でした。

この講座では毎回レポートを提出するのですが、最後のレポートは私はレポートしてはどうしいても書くことができませんでした。いつもレポートを書く時、私は下手でも本当に自分が思ったことだけを書こうと思いながら書いていました。

そして、最後はレポートして何か心理学的な視点で見た日常や、感動したできごとでもなく、ただ、みんなに感謝を伝えたいと思いました。そしてそれは感謝状という形にして、みなさんにお配りしました。

感謝以外伝えたいものがなかったんです。

そして、この素晴らしいみんなのために私ができることは、みんなの新しい旅立ち、その先のストーリに幸あれと祈ることだけでした。

P.S
あなたはどんな旅をしていますか?その旅が幸おおからんこと心からお祈りしております。

人気ブログランキングに参加中。つづきを読む前にクリックとお願いします!
人気ブロブランキング

一覧に戻る