一覧に戻る

色に歴史あり-1

最近日本の文化というか、和柄の小物とか、書とか和風のものにとっても魅かれます。

そんな訳で、今日は日本の伝統的な色とその由来なんかについてはなしちゃいます!

新年を迎えて、それにふさわしい色ってなんだと思いますか?

やっぱり、門松でおなじみの松の色なんていいとおもいませんか?

そうこの松野松の色常磐色-ときわいろっっていいます。

『松』の語源は『待つ』からきているそーです。

冬の到来を告げる初雪をまっていることに由来しているとか。

松は照りつける熱さにも、冬の厳しい寒さにも美しさを失わずに緑をたたえていることから常磐の緑といわれ永遠の美しさと不老不死の象徴とされ尊ばれた木なんです!

色に歴史ありですよね。色を辿ると先人のロマンに触れることができるな~ってつくづく感じています。

しかも日本人はホントに色が好きで、沢山の色名を生み出しています。

またご紹介しますね。

p.s

あなたの好きな色には必ず歴史とロマンがあります。

人気ブログランキングに参加中。続きを読む前にポチッとお願いします!

一覧に戻る