一覧に戻る

湘南乃風

私の携帯の着信音は湘南乃風というグループの曲です。

でも、昨日まで湘南乃風がどんな人たちかみたことはありませんでした。

ただ、曲を聴いて、とってもいい歌詞だったので着メロにしていました。

そして、偶然、昨日、湘南乃風がムコ多糖症という難病の子供達の支援をしていることをしりました。

「ムコ多糖症」は、遺伝子の異常により、体の中の代謝物質「ムコ多糖」を分解する酵素がないために、「ムコ多糖」が体中に溜まっていくことで、様々な障害を引き起こす病気です。

ほとんどの患者さんが15歳まで生きられないことが多い病気です。

「ムコ多糖症」と湘南乃風の活動はこちらから

ムコネット

昨日は、難病や白血病などいろいろな病気と闘う子供達の番組が放送されていました。

私も、幼い頃は体が弱くて、よく入院していました。

髄膜炎で入院していた時は、骨髄からの採血もしていました。

今となっては、その痛みさえ思い出すこともできません。

ただ、病院でみていた景色や、学校で遊びたいなって思っていた想いは今も覚えています。

健康になると、病気のことは忘れて、健康が当たり前だと思いがちです。

死ぬのは必然で、生きていることが偶然。生きている奇跡に気がつかないのが私達なのかもしれません。

湘南乃風は、闘病生活を送る子供達に、歌をプレゼントしています。それも

ムコネット

できくことができます。

俺のダチ、あれからどうしてる? 俺は心配なんてしてない。 お前のことだから。

歌詞にこんな一節があります。

相手の可能性を信じている飾らない歌詞が好きだったりします。

「Photo by.空色地図」

p.s

あなたが生きていることに感謝。そして、あなたの可能性を信じてます。

一覧に戻る