一覧に戻る

行動

「あなたはどんな時、行動しますか?そしてどんな時行動することをためらいますか?」

心理学的にはこんな一説があります。

「人間は快を求め、不快を避ける。」

これはどんな人でも基本的に「快を求め、不快を避けて生きている。」ということです。

よく「快と痛みの法則」などと呼ばれることもあります。

そんな「バカな!」と怒る方もいるかもしれませんね?

たとえば、ヒットラーとマザーテレサ、まったく違う人生を歩んだ二人も「快を求め、不快を避けて生きた。」ことに違いはありません。

ヒットラーは他人をコントロールすることを快とし、マザーテレサは人々を愛し、援助していくことを快としました。

ヒットラーがユダヤ人の存在を痛みとしたのに対し、マザーテレサは人々が苦しむ姿をみることを痛みと感じていたのではないでしょうか?

大切なのは、自分が何に「快」を見出し、どう行動するかですよね?

それによって、人生が大きく変わってしまいます。

ヒットラーとマザーテレサのように。

p.s

あなたは何を「快」、何を「不快」として行動しますか?

人気ブログランキングに参加中。熱い応援クリックお願いします!

一覧に戻る