一覧に戻る

左利きは無理になおさないほうがいい!?

このサイトの今日の順位をみる

高所恐怖症って聞いたことありますよね?

では、「左側恐怖症」というのを聞いたことがあるでしょうか?

私も知らなかったのですが、聞いて字のごとく左側を恐れる人たちのことです。

この症状は、道を左に曲がることも出来ず、100mm先を左にまがらないと行けないというだけで、心臓がドキドキして恐怖を感じてしまうそうです。

そのために、左に曲がればすぐ到着する道でも、何回も右に曲がって遠回りをして目的地につくという苦労もされているようです。

この原因として、アメリカの心理学者ニール・オルシャンは左利きの子供に、右利きに直そうと

「左手で持っちゃダメ!」「また左になってる!」

など、左に対する否定語を親が連発するので、左に対し、子供が罪悪感や危険を感じるようになることが原因といわれています。

行過ぎた躾や矯正は子供の心に深い傷を残すことがあるんですね。

私は右利きですが、左手を使った方が芸術的な直感が養われるときいて、片手で食べられるスナック菓子などはわざと左手で食べるようにしたりしています。

サンスポーって、響きも素敵だし、私は結構憧れだったりします。

p.s

左利きのあなたも素敵です。

人気ブログランキングに参加中。熱い応援クリックお願いします!

一覧に戻る