一覧に戻る

自分自身であるために

このサイトの今日の順位を見る

「あなたはあなたであるために何をしていますか?」

ずっと昔、私が幼稚園の頃。私にはその記憶はのこっていなくて、随分昔に人づたいに聞いた話です。

私はかけっこで、1番先頭を走っていた、そのままゴールすれば優勝です。

でも私はゴールの手前で止まって、後からくる仲良しの女の子を待って手をつないでゴール。

もちろん、優勝したのは別の子。

そう、それだけ私はのんびりした子だった。もしかしたら、それが本当の自分なのかな?って今日ふと思いました。

今の自分は環境に適応するためにあとからでてきた自分なのかな?って。

私はデザインの仕事を長くしていました。

それはくる日もくる日を時間との戦いです。

「急げ、間違いの無いように完璧であれ。」と仕事のスキルとしても要求されるし、自分で自分をそう制してきた日々。

その結果、なんだかバタバタと忙しく駆け回り、段取りよくスケジュールを立てて、ミス無くこなさなくてはとほんとはのんびり屋の自分に随分無理をさせてきたのかな?なんて思ったりしました。

でも…
今、のんびりしたいと心の中で望みながら、立ち止まると急に不安の風にさらわれたするもう一人の自分がいる。本当の私はどこにいるのか?

尾崎豊さんは歌のなかで
「僕が僕であるために、勝ち続けなきゃならない。正しいものがなんなのかそれがわかるまで…」
と歌ています。

「私が私であるために、私は何をするんだろう?」

きっと、「私は探しつつける」のかな?

「私は私自身を知るために。」

p.s
あなたはあなたであるために何をしますか?

人気ブログランキングに参加しています。熱い応援クリックお願いします!
人気ブログランキング

一覧に戻る