一覧に戻る

愛すること

あなたにとって、愛することとはどんなことですか?

私の心理学のお仲間がこう話してくれました。

『私にとって、愛することは祈りです。』

普段コーチとして活躍されている彼は、クライアントの目標達成や問題解決までの道のりを横からそっと伴走されています。

時に、大きな問題の前に悩むクライントに対して、私たちカウンセラーやコーチは精一杯の誠意とありったけのスキルを導入して、その方が自分の足で立って、その問題を解決できるように最大限の努力をします。

それでも、私たちができることはとても小さいのです。

その問題に向き合って、必死に答えをだそうとしているクライアントに対して、私たちが最後にできること

それは、相手のために祈ることだけなのです。

これは私の師も同様のことをおっしゃいました。

本当にそう思います。
私がカウンセラーの勉強をはじめた大きな要因の1つに友人の死があります。

私が大好きで、尊敬する友人が天国に旅立った時、彼の奥さんはお腹に赤ちゃんがいました。
大きなお腹で、彼の棺にしがみついて泣く彼女のためになにかできることはないのかと心から思いました。

でも、私にはなにひとつできませんでした。

大きな悲しみの前に震える彼女になにひとつしてあげられることがなかったんです。

子供の顔も見れずに旅立った友人と彼女のためになにひとつできなかった。

その時私にできたのは

『祈ること』だけでした。

『どうか、この大きな悲しみから彼女が救われますように。』と心から祈ることだけでした。

私はカウンセラーになりました。いろんな心理学も勉強しました。
しかし、スキルだけで人を救うことなど、とうていできるものではありません。

私は今も祈ることしかできません。

『彼女と子供が幸せでありますように。』

友人が亡くなってもうすぐ5年が経とうとしています。先日、彼女からもらったメールには

『忙しいけど、充実した日々を送っています。』とありました。

私はまだ祈ることしかできないけれど、彼女はちゃんと立って自分の足で自分の人生を歩き始めています。

だから、明日も、これからも私は祈りたい。

p.s
あなたは、だれのために祈りますか?

人気ブログランキングに参加中。熱いクリックとお願いします!
人気ブロブランキング

一覧に戻る