一覧に戻る

浅田真央ちゃんにみるカラー分析♪

スケートの浅田真央ちゃん、優勝しましたね。

真央ちゃんがトリプルアクセルを封印して、リスク回避し、優勝を確実にする戦略がとられたとマスコミ報道がありました。

Yahooニュース

V一夜明け真央に自信と心残り

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071106-00000026-nks-spo

そして、テニスの松岡修造さんが、浅田選手のコーチにインタビューで

『トリプルアクセルは浅田選手の最大の武器だと思うのですが、それを封印する決断をされたのは

?』

という質問に、コーチは

『ノンノン!真央の最大の魅力は美しいことだ。』

と言われました。

確かに。

真央ちゃんの柔らかな動き、指先まで行き届いた繊細な動きの美しさは、大会で唯一表現力で7点台をたたき出していることからも伺えます。

そして、私的には、真央ちゃんの衣装、しかも足下にも真央ちゃんを美しくみせるポイントがあるのではと思っています。

それは…

続きをよむ 

その前にランキング情報をチェック
真央ちゃんのスケート靴を多い隠すように、履かれた肌色のタイツです。

あのように、スケート靴を見せずに、遠くから見たら素足で氷上を滑っているかのようなタイツ。

私の予測ですが、あれは真央ちゃんの足をより長く見せるための、カラーテクニックだと思います。

※後日こんな記事もみつけたので、ご紹介します。
女子フィギュア選手、なんでブーツの上からタイツ?

例えば、人間はポイントが置かれたところに視線が集中します。

これは、日常のコーディネートでも同様です。

例えば、グレーのスーツに茶色の靴を履くと全体の中にポツンと茶色があるので、そこに視線が集まります。

するとズボンと靴の色が同系色でないので、1本の足といよりは、視界上、足と、靴と分離されてしまうので、足が短く見えます。

逆に、長く見せようと思えば、グレート同系の黒の靴のほうが、1本の線でつながれ、足は長く見えます。

例えば、芸能人が海外で、整形手術をして帰国する際は、派手な衣装や髪型を奇抜にして帰ってくるという噂ばなしを聴いたことがあります。

これは、ポイントを衣装や髪型に集中させ、整形がばれないようにしているってことになります。

そして、話をスケートに戻すと

真央ちゃんは手足も長くて、素敵ですが、外国人選手の手足の長さには及びません。

そこで、
より足を長く美しく見せるために、スケート靴を多い隠すよう肌色のタイツを履く。

というカラー戦略をとっているという訳です。

カラーは人に目の錯覚を起こさせる要素があります。

そこを上手に使っていけば、足も長く見えるし、メイク等に応用できます。

カラーはミスターマリック並みの視覚トリックを使うのです。


「Photo by.空色地図」
スプレーマム -花言葉 逆境の中でも元気 

p.s
あなたもカラーマジック使ってみませんか?

カラーを学ぶなら、
ファイン・メンタルカラー研究所

続けて、ランキング情報をチェック

一覧に戻る