一覧に戻る

EXILE人気に学ぶ成功法

男性6名からなるヴォーカル&ダンスユニット『EXILE』

今大変人気のあるグループですね。

音楽にうとい私ですが、今日、彼らの特集番組を見て、めちゃめちゃかっこいい~人たちだ!!って思いました

彼らのリーダーHIROさんは、もと『ZOO』のメンバー。2000万枚のヒットを飛ばし、その後低迷してしまったバンドです。

浮き沈みの激しい音楽業界の頂点を極め、そして人気の消えて行く早さも知っているHIROさんは、今『EXILE』のリーダー件、社長です。

彼は言いました

『この業界は、きれいごとだけじゃなくて、結果を出していかなければ認められない。でも売れることが1番ではない。』と。

売れるために好きじゃないことをするのではない。好きなことをとことん追求する。そして、好きなことを追求したものをどうやったら売れるか、とことん考える

これがHIROさんの基本的な考え方です。

時代を象徴する素敵な考えかただな~って思いました。

従来の売れるために作る、大量生産することは、物も情報も溢れている現代には受け入れられなくなってきていますよね?

作れば売れた物不足の時代は終わっています。お客様はお腹いっぱいなんです。

みんな、楽しそうな人、感動できるモノ、ワクワク感があるものでなければ手をださない。

つまり、そういう要素がないと人気が出ないんですよね。

これっって、簡単なようで、つい忘れがちですよね?

そう『売れなければならない。売らなければならない。』って考えたとたん思考が固まって、ワクワク感を忘れがちになってしまったりして…。

人気ブログランキングに参加はじめました!続きを読む前にクリックお願いします!



売れるために好きじゃないことをするのではない。好きなことをとことん追求する。そして、好きなことを追求したものをどうやったら売れるか、とことん考える

この順番が逆になってはいけないんですね。
会社の会議で、
『そんな、夢みたいなこといってないで、もっと売り上げ上げる手段考えろ!!』
なんて激が飛ぶシーンありますが、夢をみるぐらいのワクワク感がないとどんな企画も成功しないかもしれませんね

『EXILE』のメンバーはレコーディングでみんなの意見があわず、心が一つになっていないなと思うと、過密スケジュールの中のレコーディング日を中止して、みんなで沖縄に遊びにいっちゃったりします

自分たちが楽しめないなら、その日は仕事はしない。

これって、『どんなことがあってもやることやって、仕事しなさい。』って言われて育った世代からはなかなか出て来ない発想ですよね?

そう、自分たちの“好き”や“ワクワク”は人に伝染する。だから、楽しんで仕事きないできないぐらいなら、遊びにいって“ワクワク”を取り戻した方がいい仕事ができるってことなんですよね。

私も、今度クリエイターズマーケットに出店するのですが、売ることを先に考えるのではなく、好きなことをとことん追求する。そして、好きなことを追求したものをどうやったら売れるか、とことん考えることをしようと決めた1日でした!

『EXILE』に感謝です

人気ブログランキングに参加はじめました!今日もクリックお願いします!

一覧に戻る