一覧に戻る

十二支物語

今年はネズミ年ですね

今日、本屋さんで、十二支についての絵本を見ました!

それによると、十二支の由縁は

昔々、年の瀬に神様が、動物たちに

「元日の朝に神殿までやってきた者に、一番早く来た者から十二番目の者までは、順にそれぞれ一年の間、動物の大将にしよう。」

とおふれをだしたとか。

動物たちは、我こそはとその日を待ちわびていました。

そして、神様からのおふれの日程を聞き漏らした猫は、

『神殿にいくのはいつだったけ?』

ねずみに聞きにいきました。すると、ねずみは

『一月二日の朝だよ。』

と、わざと一日遅れの日を教えました。

猫はねずみの言うことを信じて、家にもどりました。

12/31日の晩、ネズミと牛が道で、ばたり出会いました。すると牛は

「俺は歩くのが遅いから、一足早く出かけるよ。」

と言って出かけました。

すると、ネズミはこっそり、牛の背中に飛び乗りました。

牛が神様の御殿の前までくると、まだ誰も来ていませんでした。

一番だと喜んだ牛が、宮殿の門をくぐろうとしたとたん、牛の背中からねずみが飛び降り、一番先に宮殿にはいりました。

それで牛は二番。

次に足の速い、虎。

続いて兎。

空を飛んできた龍

地面を這ってきた蛇。

馬、 羊、 猿、 鶏、 犬、 猪の順で神殿に到着しました。

猫は一日遅れで行ったので、干支に入ることができませでした。

怒った猫は、それから、ずっとねずみを追い回すようになったとさ。

そんな、ネズミさんに出し抜かれたニャンコ先生はもうぐっすり寝ています。

でも、昼間は、お掃除用のふわふわのモップに猫パンチしてました…

ネズミだけでなく、ネズミらしきものにも反応するほど、遺恨を残す十二支ものたりだったのかもしれません。

眠るニャンコ先生

p.s

今年もあと少しですね。

今日のランキングをチェック!

一覧に戻る