一覧に戻る

3人のセラピスト ~アルバートエリス~

今日は、3人のセラピスト~アルバートエリス~のビデオの講座を担当させていただきました。

論理療法は初めてという生徒さんも多い中、ビデオを見終えてから、

『とっても国語的』『ビデオの言葉をきいていると難しくて、わからないが、逐語記録を読むとよくわかる』

など、多くの意見がでてきました。

NLP的に言うと、完全にAのエリス。

そんな、エリス本人は小説家になりたいと願っていました。

だから、生徒さんからでた意見はもっともであり、ビデオをみただけで、それが相手に伝わってしまうエリス。

ロジャースにしても、エリスにしても、パールズにしても、自分の人生からそのものが、理論を築きあげているから、どんな時に、どんなきりくちでセラピーをしても、彼らの本質が相手に伝わるんだなって実感しました。

それは、受け売りの理論で実感がともなってないセラピストには決してだせないものなのではないかと

思いました。

本物は多くをかたらずとも、それが相手に伝わる。

そんなこと感じた一日でした。

「Photo by.空色地図」

p.s

あなたは、本物ですか?

一覧に戻る