一覧に戻る

持つべきものは友人

昨日も今日も、友人宅や友達の事務所にて作業中です。

雪の降りしききる中、映像関係の友人の事務所の一角を間借りして、簡単な作業を進めている今日この頃です。

困ったときに助けてくれる仲間に恵まれたことを感謝しつつ、ブログを書いています。

今は、謎のクラッシク音楽を聞きながら、わさび入りポテロング(友人の事務所の人がくれたやつ)を食べながら怒濤の1週間を振り返っています。

そして、時の流れの早さを感じています。

久しぶりに遊びに行った友人の家の子供が、めちゃくちゃ成長していておどろいたり、フリーで活動していた友人が仲間と事務所を構えて会社をしていたりと少し前とは状況がとっても変化していました。

そして、私も1年前とも、2年前とも全く違う人生を歩いている。

環境が人を変えるっていいますよね?

例えば、オオカミに育てられた少女は遠吠えしたり、なま肉を食べたりオオカミのようになります。

どんな環境に自分を置いて、どんな人たちとつき合うかで、人は変化します。

プチリタイヤの石井さんは、『社長になりたいなら、サラリーマンの友達を全部切れ!でないと、あなたはずっとサラリーマンのままで終わる』と著書で書かれていたことがあります。

これは、極論かもしれませんが、確かにつき合う人達の影響って大きいかもしれませんね。

愚痴ばかり言う人といるのと、自分の夢や目的に向かってがんばっている人の話を聞いているのでは、全然自分のテンンションもかわってきますよね。

どんな場所に出かけて、誰と過ごすのか、その選択があなたの人生の方向性を左右しています。

あなたの選択はすべてあなたの未来につながっています。

p.s

あなたはだれと過ごしますか?

一覧に戻る