一覧に戻る

パステル和アート準イストラクター講座 名古屋

こんにちは、ファイン・メンタルカラー研究所代表の藤本梨恵子です。 今日は、パステル和アート準インストラクター講座のプライベートレッスンでした。 ファイン・メンタルカラー研究所の講座は、三重、静岡、豊橋など名古屋市以外の参加者も多いのですが、今回も小牧からパステル和アート準インストラクター講座にご参加いただきました。 今回、ご参加いただいた方は、もともと、絵手紙や水彩などの絵を描いていた方なのですが、 「このパステルアートは、何にも考えず、ぱっと書けるのがいいですね。これを描くって決まりがなくて、意味がない感じがいいですよね~。」 とおっしゃっていました。 これは、結構、絵が好きでずっといろいろな絵を描いてきた人だから言える、深い一言です。 ここでいう意味がないものとは、決め事のない抽象的なもののことです。 意味がない=抽象的表現 私も、デッサン、油絵、ポスターカラーで描く絵やMACなどのコンピューターグラフィックなどいろいろなアートをやってきました。 例えば、デッサンとかは、正確に花瓶や人物を描き、光や影の感じも正確にとらえます。これは、絵を正確に描くという点でとても大切です。 でも、私が油絵を習っていたときの、先生の得意な手法は抽象画でした。 木、人物、景色、などなにかを正確に描くのではなく、自由になんだかわからないけど、惹かれるアートを描いておられました。 私は、当時、抽象画をかけなかったので、とても憧れました。 そう、意味がないもの、きちんと決まってないものを自由に描くこともとても楽しいものです。 子供が泥遊びしたり、自由に絵を描くとき、「何かを描こう!」と目的があるわけではありません。 ただ、感情の赴くまま描く。それだけで、感情が自由に外に飛び出し、私たちは癒されます。 それが、アートセラピーでよくいわれる、癒し効果です。 ファイン・メンタルカラー研究所では、このように、アートセラピーの要素をいれ、あまり考えず、自由に心の赴くまま描くパステルアートと、しっかり構図をとって美しく仕上げるパステルアートの両方をお伝えしています。 それは、私がいろいろなアートをやってきて、両方大切だと感じたからです。 ものごとはなんでもバランスが大切です。 自分を自由に表現すること。 誰かに合わせて協調性をもって振舞うこと。 例えば、人間関係でもどちらかに偏るのはよくありません。 アートも同様で、どちらかに偏るのではなく、両方できるのが一番だと思います。 p.s.あなたはどんなアートが好きですか? ダウン ランキングに参加中!昨日は16位。今日は何位かな? あなたの応援に感謝☆ にほんブログ村 健康ブログ カラーセラピーへ

一覧に戻る