一覧に戻る

男性ファッション「乳首ポコ」問題とは?

 

目次

男性ファッション「乳首ポコ」問題

昨日、めざましテレビで放送された男性ファッションの「乳首ポコ」問題の放送が波紋を呼んでいます。これは婚活サービスの会社が調査した結果、夏に男性の乳首がTシャツなどから透けているのを女性が身だしなみとしてNGとしているというものです。

この「乳首ポコ」問題が婚活サービス会社の調査結果ということで、婚活セミナーの講師も務める私としては思わずテレビをチェックしてしまいました。

男性ファッションとしてNG?それともセクハラ?

放送では女性が夏の男性ファッションとしてNGなもの1位。対処策として、乳首が透けにくい肌着やニップレスの着用、マッチョにして胸に筋肉をつけると乳首が下を向くので、「乳首ポコ」問題が解決されるという内容でした。また女性のコメントでイケメンなら許せるなどの意見も放送され、これは男性に対するセクハラだとう批判の声が寄せられています。

ファッション以外の解決法とは?

私が思う「乳首ポコ」問題はファッションではなく、コミュニケーションで解決できるのではと考えています。

 

私は婚活セミナーでは特に男性参加者に「女性の首から下をジロジロ見ないように。女性から不快に思われる可能性が高いので。」とお話します。

 

これを、今回の男性ファッションの「乳首ポコ」問題で置き換えて考えて見ると、男性が女性が自分の首から下のTシャツから透ける乳首に注目しないほど、しっかりコミュニケーションを取れば解決するのではないかと思います。

 

服よりも自分に釘付けにする

会話は相手の表情を見ながら話します。つまり首から上に注目が集まっていれば、「乳首ポコ」は気にならないのではないでしょうか?

また、例え男性が「乳首ポコ」になっていても、それを上回るほど自分の魅力が女性に伝わっていれば、気にする女性はいないのではないかと私は思います。

つまり、服より自分に釘付けにすることが重要です。

 

本当のおしゃれとは

アパレルブランドのBEAMの設楽社長が「本当のおしゃれとは相手の気持ちがわかることだ」と話されていたことを思い出しました。

どんなに流行の服で着飾っても、中身のない人はダサイ。相手の気持ちがわかるコミュニケーションが取れる人格者でなければ、本当のおしゃれはできないという考え方で、私も同感です。

なぜ、ジョブズはいつも黒いタートルとGパンなのか?

私も常に感じているのですが、「何を着るかではなく、誰が着るか」がおしゃれでは重要です。スティーブ・ジョブズはいつも黒のタートルとGパン姿でした。

服を選んでいる時間があるなら仕事をする。無駄な決断力を使わない彼の生き方は、無駄を削ぎ落としたApple製品に息づいています。

だから、彼は生き様がおしゃれなのです。身に纏っていたのは、服ではなく彼の生き方であり、経営ビジョンです。だから「世界一覚えやすいCEO」になれたのです。

婚活男子に必要なものは?

もし、あなたが婚活をしている男性なら「乳首ポコ」は気にしなくていいのです。身に纏うべきはあなたの内面的長所が伝わる服です。「乳首ポコ」問題はある意味、男性に乳首の目立たないシャツを売る、フィットネスに通ってもらうなど商品やサービスを売るために作られた側面もあると思います。情報に振り回されず、自分の目的を達成できる選択を大切にしてください。

長所が伝わる服選びとは?

あなたの内面的な長所が伝わる服とは何でしょう?あなたの優しさ、行動力、誠実さが伝わる服選びとは?1つは色で選ぶと伝わりやすいと思います。優しさならピンク、行動力なら赤、誠実さなら青という感じです。そして相手を知り自分を知ってもらうためのコミュニケーション力が何より大切です。入り口としてファッションは必要ですが、長く付き合うに気が合う方が重要です。

相手の目を見て話す。相手の気持ち汲みながら話を聞くという基本的なことの方が「乳首ポコ」より重要なのです。

 

 

P.S.あなたは何のためにどんな服を身に纏いますか?

 

 

メルマガに登録してもらっている人限定で、コミュニケーションやカラー(色彩心理・ファッション)に関するお悩みにブログで回答します。(必ず回答できるわけではありませんのでご了承ください。)

 

▼相談したいことがある方は、下記のページからメルマガ登録をしていただき、そのメルマガに掲載されているフォームから送信してください。

メルマガ登録ページ

一覧に戻る