パーソナルカラーとは、
その人を最も引き立たせる色です。

 

パーソナルカラーとは、Personal(個人の) Color(色)という意味で、その人を最も引き立たせる色のタイプのことです。たとえばピンクでも「コーラルピンク」「ローズピンク」「ベビーピンク」など様々な色がありますが、パーソナルカラーのタイプによって似合うニュアンスが変わります。似合う色を身につけると、肌は透明感が増し若々しく健康的な印象に。逆に似合わない色を身につけると、シミやしわ・クマ等が目立ってしまいます。

このパーソナルカラーは、個人の持つ肌の色・目の色・髪の色からスプリング・サマー・オータム・ウインターの4つの季節に例えたタイプに判断していきます。肌色は⻩色味に偏った肌色をイエローベース、青味に偏った肌色をブルーベースという2つのタイプに分けることができ、この2タイプをさらに彩度・明度・コントラストなどを踏まえて更に4つのタイプに分けることができます。

 

受講生さん大変身!BEFORE&AFTER

スプリングタイプのモデルさんの場合

(左)似合わない色だと顔色がわるく、眉毛も濃くアゴのラインなど線が目立ちます。

(右)似合う色だと、イエローベースの色がお肌に血色を与え、イキイキと元気に見えます。

サマータイプのモデルさんの場合

(左)似合わない色だと、本来の肌色より黄みが強くでて、日焼けしたように見えます。

(右)似合う色だと、ブルーベースの色がお肌に透明感を与え小顔に見えます。

 

オータムタイプのモデルさんの場合

(左)似合わない色だと、本来の顔色より、黄みが強くなり、顔が膨張して見えます。

(右)似合う色だと、色白で透明感がアップし、顔全体がすっきりとシャープに。

ウインタータイプのモデルさんの場合

(左)似合わない色だと、本来の肌色より黄みが強くでて、日焼けしたように見えます。

(右)似合う色だと、ブルーベースの色がお肌に透明感を与え小顔に見えます。

 

パーソナルカラーは、骨格診断と合わせるとよりその人の魅力を引き出すことができます。

骨格診断ページへ