一覧に戻る

受講生 田中 晴子さんの場合

パーソナルカラーアナリスト講座受講生の声

 

名前:田中 晴子さん
職業:会社員

 

パーソナルカラーを習おうと思ったキッカケ

パーソナルカラーは以前からさまざまな本で勉強しており、それをもとに自分や友達の似合う色(シーズン)を考えるのが好きでしたが、次第に独学では物足りなさを感じ、プロの方から学びたいと思いました。

Fineメンタルカラー研究所に決めた理由

別の講座で梨恵子先生と何気なくパーソナルカラーの話をした際、「肌の色、目の色でシーズンを決めるのではなく、色の3属性で似合う色を見つけることが大切だ」というようなことをおっしゃいました。それは、これまで学んだ本には書かれていないことだったので、先生からパーソナルカラーを学べば、しっかりとした判断力が身につくはずだと思いました。

 

受講して感じたことや、良かったは?

4シーズンでパーソナルカラー診断をする際ただ単に似合う色を診断するのではなく、相手がどうなりたいのか、何を望んでいるのか、ということを把握し、似合う色の提案をしていく、という姿勢が何よりも大切だと教えられました。それは、パーソナルカラーの診断だけでなく、人とのコミュニケーションにおいても大切なことだと思います。梨恵子先生の授業は本当に学びが多いと感じました。

パーソナルカラーをどんな風に活かしているの?

私のパーソナルカラーのシーズンは秋ですが、以前から持っている服は黒が多いです。なので、黒の服を着る際には、秋カラーのストールを巻くなど、パーソナルカラーで学んだ知識をもとに工夫しています。

一覧に戻る